がんに効果的な放射線治療|異常細胞やウィルスを瞬殺

看護師

年齢によって違う検査

病院

日本人の死因で一番多いのががんです。がんはとても恐ろしい病気なのですが、現代医学の発展で早期発見すると完治することも夢ではありません。そのため、健康な人でも定期的に検査を受けることが大事なのです。

一般的に高齢になるとがんの発症率も高くなる傾向にありますが、若い女性が多く発症するがんもあります。今の日本では若い女性に多くが乳がんで苦しんでいる現状です。乳がんの特徴として、体のいろいろな臓器に転移し易いことが挙げられます。そのため、少しでも発見が遅れることで、乳がんは体中に転移してしまい20代でも命を落とす女性は少なくありません。乳がんを早期に発見するためにしっかりと検査を受けるようにしましょう。

乳がんの検査は、マンモグラフィーと言って女性の乳房専用のレントゲン検査を行ないます。乳房専用のレントゲン検査のため、少量の放射線量で安全に乳がんの検査をすることが出来るようになっています。このマンモグラフィー検査の対象年齢は40歳以上となっています。ですから40歳未満の女性は別の検査をします。40歳未満の人が行なう乳がんの検査は超音波検査です。超音波を使い乳腺とがん細胞を判別することができ、乳腺は白くがん細胞は黒く描出されます。この超音波検査では、乳がん以外の良性の病変も黒く描出されてしまうので見分ける際には細心の注意が必要になります。

検査を受ける女性の年齢によって、マンモグラフィー検査か超音波検査か別れますが、乳がんを発見するためには受けたほうが良い検査です。